岡田斗司夫「遺言」読んだ。

これでもかと作者の自慢話続くけど、まあ面白いです。
真実はどこにあるのか分からないけど、歴史の一側面として読むのはありかなと思います。