読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「語りえぬものを語る」読んだ

ウィトゲンシュタイン論理哲学論考の「語りえぬものについては沈黙せねばならない」へのカウンターかと思ったけどそうでもないのかな。
ちゃんと最後に「語りえぬものを語る」の意味も理解できたし、なかなか読みやすかった。
作者本人があえてわかりやすいか文書で書いたのではなく、素で書いたというだけあって、スラスラと読める。
わざとペダンティックにしてる本がたくさんあるなか、あえてでもなくわかりやすい文書かける人は貴重だも思う。
内容語るというよりは読んで自分はどう感じるか、そんな事を考えながら読み進めてもらいたい本ですね。オススメです。