読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

度量

1人でいる時(オレは本当に1人でいる時間がかなりあった。)と今の他者と関わっている時間。その時に求められる度量の種類が違う事に気付いていなかった。今は何となく分かる。長い間無視していた、許せる範囲を最近になって見直している。許せる範囲というか、気にしなくてもいいコトに冗長性がないとな。1人でいると全てが自分で決められるので、決断もやらなくていい事もあっという間に解決した。が、他者との関係においてはもう少しゆとりを持たせて決めていかないといけないのだ。その遅さにイライラする事がままある。それに慣れていかないと。それが、他者と関わっていくという事なのかもしれない。